病院・クリニック・介護福祉経営のコンサルサイト「NK倶楽部」へ無償会員登録をする

経営相談Q&A

経営相談Q&A

解決済み

カテゴリ:税務・会計マーケティング

投稿者:ユーザー さん

患者数が減っている中で、事業承継をどう判断するか。

いろいろな事情から、息子への承継時期がずれ込み、患者数が減っている中での承継になりそうです。息子としてはいろいろと不満もあるでしょうから、承継にこだわっているわけではないのですが、承継とゼロからの開業と、先代の立場からは、どう判断すべきでしょうか。

質問日:2013-04-22
回答には会員登録が必要です
回答1
NK倶楽部 さん ベストアンサー

マーケティングと診療所の財産の双方から、検討が必要。
承継の判断は、診療所の財産の状態によって大きく変わります。 建物や医療機器の状況、財産と借入残高、スタッフの状況などを鑑みて、新規に開業するのと比べて、メリットとデメリットがどうであるのかを、客観的に判断する必要があります。 一方、より重要なことは、開業場所の目利きです。 地域の競合クリニックを洗い出し、息子さんの代で地域の人口構成や生活スタイルがどう変化するかを検証する必要があります。 すべてが揃った万全な状態で承継できるケースは、むしろ稀だと思います。 ないものをリストアップするのではなく、承継と新規開業を選択できることに、感謝することからスタートすると良いのではないでしょうか。

回答日:2013/04/22
各サービスをご利用いただくには、会員登録が必要です。
NK倶楽部では8つの会員特典、3種類の会員区分をご用意しておりますので、
まずはエメラルド無料会員登録をなさいませんか?
会員の方は、ログイン後に各サービスのご利用が可能です。
エメラルド無料会員登録する

※下記の画像をクリックすると各カテゴリへリンクします。