病院・クリニック・介護福祉経営のコンサルサイト「NK倶楽部」へ無償会員登録をする

MMI医業経営情報サービス

MMI医業経営情報サービス

高齢者医療の将来(3)

日本老年医学会の提言する「健康長寿達成を支える老年医学推進5か年計画」
介護福祉 高齢者 地域包括ケア
2019年4月4日

学会では、「高齢者だけでなく広く国民に働きかけ、国民一人一人が現状を正確に認識したうえで、超高齢社会における課題にともに取り組む体制を構築することが必要である」としている。  ・・・続きを見る

高齢者医療の将来(2)

日本老年医学会の提言する「健康長寿達成を支える老年医学推進5か年計画」
介護福祉 高齢者 地域包括ケア
2019年4月3日

2017年に日本老年医学会の「高齢者の定義を75歳以上にする」という提言に対して大きな反響があった。この提言は、超高齢少子化社会であるわが国の今後の医療・介護の行方を見極める上で様々な課題を示唆している。  ・・・続きを見る

介護人材不足は外国人が救えるか?

改正出入国管理法で、日本は選ばれる国になったのか
介護福祉 外国人人材 高齢者 人材採用
2019年1月31日

2018年12月、改正出入国管理法が成立した。外国人労働者に対する国の方針は大きく舵が切られたことになるが、政府は「法律の具体的な内容については、政省令で今後決めていく」としている。 ・・・続きを見る

高齢者医療の将来(1)

日本老年医学会の提言する「健康長寿達成を支える老年医学推進5か年計画」
介護福祉 高齢者 地域包括ケア
2018年12月20日

2017年1月に日本老年医学会では高齢者の定義を75歳以上とする提言をした。第60回日本老年学会開催時にプレスセミナーを開き、大阪大学医学部教授で同学会理事長の楽木宏美氏が内容について説明と質疑応答を行った。 ・・・続きを見る

Q.介護事業所における認知症高齢者に対する監督義務について

Q&A 介護 介護福祉 高齢者 認知症
2016年5月11日

認知症の高齢者が列車にはねられ、鉄道会社に損害を与えた場合に家族が賠償責任を負うべきかが争われた訴訟の判決が出ましたが、介護事業所で認知症の人を看る場合、監督義務については、どのように考えればよいでしょうか。  ・・・続きを見る

新設された「認知症ケア加算」と「身体拘束」要件の抱える課題

介護 介護福祉 高齢者 診療報酬改定 病院 要諦
2016年3月8日

2016年診療報酬改定の内容が明らかになったが、「身体疾患を有する認知症患者のケア」に関する評価として、「認知症ケア加算」が新設された。  ・・・続きを見る

2016年診療報酬改定を占う(最終回)

~大きく「変わる!」リハビリテーションの概念~
クリニック 高齢者 診療報酬改定 病院 薬価 要諦
2016年2月4日

政府は来年度の診療報酬の伸びを約1700億円抑制する方針の下に、昨年12月21日、2016年診療報酬改定で、全体を0.84%引き下げることを決定した。  ・・・続きを見る

Q.高年齢雇用継続基本給付金について

Q&A 給付金 業界全体 雇用保険 高齢者
2015年10月5日

定年後も継続して勤務している場合、雇用保険から給付金が支給されると聞きましたが、本当でしょうか? ・・・続きを見る

新オレンジプランと認知症社会の到来

国家戦略を先取りした小規模医療機関主導による地域支援
介護福祉 高齢者 新オレンジプラン 認知症 要諦
2015年9月7日

国の推計によると、団塊の世代が全て後期高齢者(75歳以上)になる2025年には、12年時点では約462万人だった認知症の人の数は約730万人となり、高齢者の5人に1人という認知症社会が到来します。  ・・・続きを見る

認知症の連携拠点とされる「認知症疾患医療センター」について、教えて下さい

Q&A クリニック 高齢者 認知症
2015年8月27日

当院は心療内科を標榜する小規模診療所で、どちらかと言うと若い世代の患者さんが多いのですが、認知症初期の高齢患者さんも数人、受診され、必要に応じて抗認知症薬を処方しています。  ・・・続きを見る



※下記の画像をクリックすると各カテゴリへリンクします。