病院・クリニック・介護福祉経営のコンサルサイト「NK倶楽部」へ無償会員登録をする

医業経営コンテンツ

MMI医業経営情報サービス

2014年診療報酬改定でブレーキがかけられた「在宅医療の推進」~“機能強化型”在支診を返上する動きも・・・

14年改定で「機能強化型」在支診に大きなダメージ
クリニック 在宅医療 診療所 診療報酬
2015年8月5日

2014年4月の診療報酬改定は「在宅医療」を進めようとする診療所にとって、評価の分かれる改定となったように思われる。  ・・・続きを見る

地域包括診療料と地域包括診療加算の算定について

Q&A かかりつけ医 クリニック 診療報酬
2015年4月20日

他院処方分も含めて全ての服薬に関して服薬指導すること、在宅医療を行なうこと、介護保険対応も必要と手間暇がかかる割に報酬も一般の診療所では加算の20点と少ないと思います。算定は無理と思うのですが。  ・・・続きを見る

カイゼン・ある自治体病院における経営改革の試み(1)

コンサルタントの介入で成功を導いた公立N病院の実践事例から【上】
業界全体 経営 診療報酬
2014年7月9日

N病院は人口約30万人の診療圏で唯一の公立病院であり、24時間救急医療体制を担う中核病院として地域にはなくてはならない存在として君臨していた。しかし、高齢化・人口減少による過疎化が進行し、周辺に在る中小民間病院の経営も悪化。  ・・・続きを見る

2014年診療報酬改定(4)

精神科医療の“入院外し”に舵を切った厚生労働省 全ての新機軸が退院促進・在宅移行にリンク
業界全体 診療報酬 要諦
2014年6月26日

精神科医療機関も急性期病院と同様に、「早期退院・在院日数の短縮」へのインセンティブが従来以上に強化された今改定であった。精神病床における入院患者数や平均在院日数は近年、1年以上の長期入院患者は約20万人にも上っている。  ・・・続きを見る

2014年診療報酬改定(3)

中小民間病院の病棟機能再編を目指した地域包括ケア病棟入院料(入院医療管理料)の全貌
業界全体 診療報酬 要諦
2014年5月20日

厚生労働省は改革シナリオにより、2012年段階で90万床の一般病床を25年には高度急性期18万床、一般急性期35万床、亜急性期26万床に機能分化させ、「7対1看護」届出等、急性期医療を担う病床を絞り込んでいく方針だ。  ・・・続きを見る

2014年診療報酬改定 中小民間病院の道筋が明確に示された今改定(2)

患者側の視点に立つとメリットが見えない地域包括支援診療料
業界全体 診療報酬 要諦
2014年4月2日

前回に引き続き今改定で新設された「主治医機能の評価」について考えてみたい。筆者は200床以下の幾つかの中小病院に「地域包括支援診療料」届出の可能性についてヒアリングをしたところ、積極的に取ろうという病院が皆無だったのは意外だった。  ・・・続きを見る

2014年診療報酬改定 中小民間病院の道筋が明確に示された今改定(1)

「主治医機能評価」の意図するもの-地域包括支援診療料の新設
業界全体 診療報酬 要諦
2014年3月4日

2014年診療報酬改定の内容が明らかになった。2025年問題への対応として、急性期病床を約25%削減し、在宅医療を提供する医療施設や在宅復帰を支援する病床へとシフトさせていく点数誘導は、2年前の前回改定からの流れで予想されたこと。  ・・・続きを見る

介護サービス事業の新機軸

新たな付加価値創出に向けて動き出した介護現場
介護福祉 介護報酬 業界全体 診療報酬 要諦
2011年2月8日

2009年の介護報酬改定では、介護職員の処遇改善をテーマに、+3%の介護報酬改定が行われた。しかし、報酬単価の見直しが地域区分、サービスごとに実施されたことにより、事業所ごとに大きな格差が生まれ、“勝ち組・負け組”の二極分化が顕著になってきた。  ・・・続きを見る

入院時医学管理加算の刷新で想定される急性期病院の再編

~急性期医療の「最先端部分」を手厚くすることで見えてくる 医療機関の集約化と中核病院の“あるべき姿”~
診療報酬 入院時医学管理加算
2008年7月24日

後期高齢者医療制度や新地域医療計画等、2008年からスタートする新しい施策に対応した診療報酬改定が実施された。医科・歯科・調剤を合わせた改定率は8年ぶりに診療報酬本体プラス(+0.38%)となったが、薬価・材料費の引き下げ(-1.2%)を合計した全体の改定率は-0.82%で、4回連続の"実質マイナス改定"となった。  ・・・続きを見る



※下記の画像をクリックすると各カテゴリへリンクします。