病院・クリニック・介護福祉経営のコンサルサイト「NK倶楽部」へ無償会員登録をする

経営相談Q&A

経営相談Q&A

解決済み

カテゴリ:税務・会計

投稿者:mai さん

社会福祉法人の金融資産(現預金)について

ある社会福祉法人より、「余剰資金があるので、金融機関からの借入金を返済したい」との申し出がありました。
当社の意図が明確ではないのですが、理由としては以下の点が想定されます。
 ①単純に金利負担を軽減することが目的で、余剰資金を充当する。
 ②社会福祉法人の会計基準等で、多額の余剰資金をプールすることが好ましくない。
なお、当社は潤沢な資金を有しており、借入金の2倍に相当する現預金を保有しています。

当社の申し出がどのような根拠に起因すると考えるのが妥当なのか、ご教示ください。

質問日:2019-02-26
回答には会員登録が必要です
回答1
NK倶楽部 さん 大変参考になりました

先方の社会福祉法人が保育事業を行なっている場合、厚生省児童家庭局長通知「保育所運営費の経理等について」(平成12年3月30日児発第299号)により、資金収支残高を収入の30%以下に抑えることが求められています。
この資金収支残高は借入返済により減少するため、これに起因する可能性が考えられます。

また保育事業を行っていない場合は、単純に経営判断の結果と考えられます。
平成28年改正社会福祉法により、社会福祉事業等への計画的な再投資を促進する一環として、社会福祉充実残額の計算、社会福祉事業等への計画作成を義務付けられています。
ただし伺った内容(借入金の返済)では社会福祉充実残額は減らず、また計画作成で求められている「社会福祉事業等」には該当せず、本案件の根拠とは考えにくいためその他の事由による経営判断かと推察されます。

回答日:2019/02/27
各サービスをご利用いただくには、会員登録が必要です。
NK倶楽部では8つの会員特典、3種類の会員区分をご用意しておりますので、
まずはエメラルド無料会員登録をなさいませんか?
会員の方は、ログイン後に各サービスのご利用が可能です。
エメラルド無料会員登録する

※下記の画像をクリックすると各カテゴリへリンクします。